頑張れ日本の電機メーカー

日本の電機メーカーは、まだまだ苦境の中と言えます。それは、テレビなどの収益の柱を失った後、次の収益の目星がなかなかつかない事があげられるからです。自動車関連に力を入れるなどのメーカー毎に、一応の方向性は出ていますが、具体的にみるとまだまだ未知の部分があると言えます。パナソニックを見ると、プラズマを撤退して、携帯事業も縮小か撤退、その他も撤退している事業があります。又、ソニーを見てみると、製造関係以外の方が好調な事業が多く、カーナビや光ディスクなどからは撤退しています。その他、シャープ、NEC、富士通も苦しい状況に変わりはないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>